てるてる坊主の由来と効果が上がる作り方

雨の降っているときや、イベントの前に子供のころはティッシュなどでよくてるてる坊主を作っていましたが、最近になって自分の子供たちも、てるてる坊主を作って家のいたる所から発見するのを見てよく考えるとてるてる坊主とは何だろう?と思いてるてる坊主のご紹介と、てるてる坊主の効果が上がる正しい作り方を紹介致します。

てるてる坊主って何?

平安時代に中国から伝わってきた風習で、ほうきを持った女の子に似せて作った紙人形が雨雲を払ってくれると言われています。でも、女の子ではなく、なぜ日本では坊主と言っているのかというとお坊さん(=僧侶)のほうが、魔力が強く、願いが叶いやすくなるから、坊主と言われるようになったそうです。

江戸時代に活躍した儒学者・榊原篁洲の資料によると雨が続くと、晴れを祈って門の先に晴娘を模した切り絵をぶら下げる風習があったという。それを「挂掃晴娘」と呼んいたこともあったそうです。

また日本では風習の一つである。照る照る坊主とも表記され、翌日の晴天を願い、白い布や紙で作った人形を軒先に吊るすもので、「てるてる法師」、「てれてれ坊主」、「日和坊主(ひよりぼうず)」、「てれれ坊主」など地域によって様々な呼称がある。江戸時代中期にはすでに飾られていたそう。

てるてる坊主の効果が上がる正しい作り方

ティッシュや紙などで作ることが多いと思われますが、今までは当たり前のように顔を書いていました。しかし実はてるてる坊主の正式な使い方は、てるてる坊主には顔を書かずに吊るし、翌日晴れた事を確認してから顔を書いて処分するとなっているのです。てるてる坊主を作ることが正式な祈祷行事だった頃、無事に晴れた時に瞳を書いてから、神様に供えるお酒と一緒に川に流していたことなどから先に顔を書くと雨が降るということになったようです。先に墨などで顔を書くと雨で顔がにじみ、泣いたような表情になり雨をもたらすともいわれているそうです。雨が止んだら顔を書き、感謝を込めて処分するということになります

てるてる坊主を逆さにするとどうなるの?

てるてる坊主は晴れを願うために作りますが、逆さにすると雨を願うものになるそうです。次の日に雨になってほしいと願うときは逆さにしましょう。逆さのてるてる坊主は雨雨坊主や降れ降れ坊主と呼ばれます。

まとめ

子供がいるとたびたび作ることもあるてるてる坊主。調べてみると都市伝説的なちょっと怖い話や悲しい話など色々ありましたが、次の日が晴れになったらいいね!と楽しくお願いしたいと思います。願いが叶ったら可愛い顔を書いてあげようと思います。