十五夜今年はいつ?お月見のお供物や風習を知って秋を楽しもう!

毎年十五夜(中秋の名月)と言われる風習がありますが、うちでは子供たちがお団子日と呼んでいます。花より団子とゆう感じですが、十五夜の夜はお月様もきれいに見えるので十五夜のことを知ってより楽しみましょう!

2021年の十五夜は9月21日

秋の真ん中に出る月なので中秋の名月とも呼ばれています。9月7日~10月8日の間で満月が現れる日を十五夜としているそうです。空が晴れていれば涼しくなってくる頃なのできれいな満月が見えるとおもいます。

十五夜はいつからあるの?

日本では縄文時代から月を愛でる風習があったそうです。平安時代では中国から十五夜の風習が伝わり上流階級の貴族などで広まります。お月見をしながらお酒を飲んだり月を眺めて楽しみ、庶民の間で広まったとされるのは江戸時代に入ってからだそうです。稲の収穫の時期も近いので無事に収穫が出来る様祈り感謝する日でもありました。

十五夜のお供えとは

【ススキ】

秋の七草のひとつのススキそもそも秋の七草とは万葉集に収められている山上憶良の2首の歌が始まりで、萩(はぎ)・尾花(ススキ)・葛(くず)撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)の七つで一般に知られる春の七草とは違い鑑賞して楽しむものになります。薬用としても親しまれ運ばれたそうです。そのうちのひとつススキは十五夜を見て楽しむためのでもあり、魔よけの効果もあるとされました。ススキは神様の依代として置かれ飾られ、すでに稲刈りが終わってしまった地域では稲の代わりとしても飾られたそうです。ススキ以外の秋の七草も一緒に飾ってあげるとより素敵になります。

お月見団子】はじめは十五夜の時期に収穫を迎えるサトイモを食べる習慣だったそうですが江戸時代頃から庶民に十五夜の風習が広まっていくと共にお団子に変わっていったそうです。またお米の収穫の時期も近いので収穫を祝う意味もありお米で作った団子をお供えものにするとなっていきました。丸い月見団子は満月を連想させるものでもありお供えするときは三方やお皿に白い紙をひいて十五夜にちなんで15個か5個を盛ります。きれいな月を見て感謝し楽しんだ後食べましょう。

お月見は十五夜だけじゃない?十三夜とは?

お月見は十五夜だけではなく十三夜というものもあるそうです。十三夜とは旧暦で毎月 13 日の夜のことです。特に 9 月 13 日の夜になり十三夜の月は、十五夜の約1ヶ月後であることから「後の月」ともよばれます。ちなみに2021年の十三夜は10月18日になります。十三夜は晴れることも多く十三夜に曇りなしまたは栗や豆の収穫時期でもあるので栗名月や豆名月と呼ばれることもあるそうです。

片月見とは何か知ってる?

十五夜だけを見て十三夜を見ないと片月見といって災いがくる、縁起が悪いと言われるお話もあるそうです。この片月見は江戸吉原の遊女たちが、十五夜に自分のところに来てくれたお客に、また来てもらうために「十三夜も同じ場所でお月見をしないと縁起が悪い」と言って誘ったことから始まったなど諸説あるそうですが、深く気にせずできる範囲で楽しめるといいですね。

まとめ

結局お団子の日としてまたススキを飾りお団子メインになってしまいそうですが秋の楽しい行事として感謝しながら過ごしたいと思います。