【手相】大強運?天才?ますかけ線を持つ人の特徴とその意味

手相は一人ひとり違っていて同じ手相を持つ人はいませんが、その中でも珍しいと言われるますかけ線を知っていますか?手相占いを知っている方は聞いたことがあるかもしれません。掌に一本の線の様になっています。その位置や右手、左手、の違いや特徴を解説。

ますかけ線とは

一般的には「手相の三大基本線(感情線・知能線・生命線)」といわれる三本の線がありますがますかけ線は感情線と知能線が一本になって繋がっている手相のことを言います。手の平にひらがなの「て」が書いてあるような手相になります。ますかけ相の人は100人に2.3人といわれかなり珍しいのですが、ますかけ相をもつ人のその親族もまた、ますかけ相を持っていることが多くその希少さに気が付かず過ごしている人も少なくないそうです。

ますかけ線(マスカケ相)その意味は?

その昔戦国時代には天下取りの相。百握りとも言われたマスカケ相は天下統一を果たした織田信長・豊臣秀吉。天下泰平の世を作った徳川家康、全員が「マスカケ相」だったと言われています。掴んだ運は絶対離さない縁起の良い手相になります。現在でも有名な芸能人、スポーツ選手など世界で活躍する大成功を収めている人もマスカケ相の人が多くみられます。

ますかけ線(マスカケ相)の特徴

マスカケ相の持ち主に見られる特徴は生まれながらにして珍し手相を持ち縁起が良く強運です。天才的なアイディアや独創性に秀でており、コミニケーション能力があり多くの人を魅了することが出来るので人の上に立ちリーダーシップを発揮出来ます。しかし集団生活においてはその特異性から少し周りから浮いた存在になることも。なので一般的な平凡な会社員よりも自営やフリーに活動する方が向いていると言えるでしょう。そしてマスカケ相の持ち主は0か100最低か大成功のようにはっきりとした運命のが訪れる可能性が高いとされています。本人のやる気次第ではその強運を生かし大成功を収めることが出来ますが、大器晩成型なので辛抱強く努力することが必要です。もし失敗してもそこから挽回できる抜け出していけることもマスカケ相の強運のひとつです。

ますかけ線(マスカケ相)の職業

独特でアイデンティティーのあるマスカケ相の人は平凡にな道に進むよりはその才能を生かせる職業に就くことを強くお勧めします。起業してトップに立つ経営者、政治家や教師などにも向いているといえます。豊かな発想などを生かして芸術家や建築、職人などの職業も向いています。性格的にはこだわりが強く頑固な面もあるのでそれを最大限に生かせる職業につけると絶大な効果が発揮できます。

ますかけ線(マスカケ相)左手

まず手相において左手というのは今現在の自分を表すと言われています。しかし左手の手相は裏の手相になるので左だけますかけ線がある人は右手の方は普通の手相とゆうことになります。基本的には右手の手相の特徴が現れますがマスカケ相の特徴がなくなるわけではなく、息を潜めている状態ということになります。なので慎重な性格かつ突然大胆な発想や行動を起こしたり普段の慎重さからは考えられないような驚く一面が現れます。強運かつ慎重な性格から仕事面は安泰とされますが、こだわりの強さから孤立してしますこともあるので普段から家族や友達、恋人など支えてくれる人たちを大切にすることでよりよ良い人生になります。

ますかけ線(マスカケ相)右手

右手の手相というのは生まれ持った資質や運命を表しています。なので右手の手相はあまり変わらないとされています。なので先に説明した通りのマスカケ相の特徴が表に出る感じになっていきます。個性的かつ大胆、指導者に向いていると言えます。

ますかけ線(マスカケ相)両手

ますかけ線(マスカケ相)が両手にある人はさらに珍しく1000人に一人とされています。両手ますかけ線の持ち主はめったにない強大なパワーを秘めており強運を引き寄せる手相とも言われています。もちろんマスカケ相の特徴も全面にあり個性豊かで独特な感性の持ち主といえます。掴んだ運は離さないと言われる両手マスカケ相の人は宝くじのような運試しのような引きも良いです。