小学一年生でも簡単に書ける読書感想文を書くコツ

夏休みに入ると宿題がたくさんありますが、その中でも小学一年生が一人で完成させるのが難しい宿題、作文。本を読み感想を考えて文にしていくのは大人でも悩んでしまうので、今回は感想文を簡単にまとめ完成させるコツをご紹介いたします。

読書感想文の本を選ぶ。

親子で本屋さんに行く。図書館で本を選ぶ。子供自身が読みたい本を選ぶことが大切になります。ネットで買うこともできますが子供が実際手に取って選ぶ方が良いです。親は子供が選んできた本を否定しないこと。昆虫図鑑でも写真の本、車の本、などでもOKです。楽しんで読める本を一緒に選びましょう。

読書感想文を書く前に準備するもの

①選んだ本②えんぴつ③けしごむ④付箋

読書感想文を構成する3つのポイント

感想文を3つのパートにわけて書きます。用意した付箋に書き出していきます。

はじめ

・選んだ本の紹介を書き出していく。(例)わたしは○○という本を読みました。

・なぜこの本を選んだのか(例)表紙が可愛いと思った。本のタイトルに興味を持った。お友達が面白いと言っていた。おすすめの本と書いてあった。など

なか

心に残ったことや疑問に思ったこと3つ程メモします。ただ小学一年生の子が一人で書き出していくのは難しいのでインタビュー形式で質問してあげると良いです。

(例)登場人物の気持ち、主人公と自分自身と共通する部分、考えさせられた話の内容、印象的なシーン、気に入ったセリフなど

子供にインタビューする内容

①なにが、だれがどうしたのか②その場面どんなところが心に残った③ぼく、わたしはどんな風に感じたのか④どうしてそう思ったのか⑤自分だったらどうするのか。

・あらすじを簡単に書く。

おわり

おわりはまとめになります。

・自分自身がこのお話を読んで思ったこと、学んだことを書く。

・今後生かしたいことを書く

・作者が伝えたかったことを書く

・本の中で印象に残ったセリフや文章を書き出す

(例)・○○をよんでみてわたしは○○ということがだいじなんだとおもいました。

・○○というセリフがとてもかっこよかったです。わたしもそんなことがいえるひとになっていきたいです。

・わたしも○○みたいにゆうきをだしておともだちをたすけてあげたいです。など。

読書感想文のタイトルを考える

【○○を読んで】でも悪くはありませんが、自分の考えや思ったことが伝わるタイトルが良いでしょう。しかし小学校1年生ではなかなか難しいので①本の名前をそのまま使う(例)【○○とわたし、○○とぼく】【○○が教えてくれたこと】【○○とのであい】②テーマからつける。タイトルが長すぎて困る場合や少し違うものにしたい場合本のテーマを参考にする。(例)友達との冒険の本であれば【ともだちはたいせつ】など。③本の主人公をタイトルに入れる(例)【○○がともだちだったら】【○○はわたしとにている】【○○のつよさのひみつ】

読書感想文の質問と答えを合わせて書いていく。

質問と答えを合わせていく。小学一年生ですと【接続詞】は自然に会話で使っていますが、いざ文章にしていくと難しいこともあるので、「は」「わ」「を」「お」「へ」「え」を活用しながら組み立てを考えていく。

読書感想文はオノマトペを活用しながら文を作っていく。

オノマトペとは犬は(わんわん)などの動物の鳴き声や、感情の表現として・楽しそう(うきうき)(わくわく)・泣いている(しくしく)(めそめそ)(ドキドキ)など。行動した時の表現ジャンプ(ピョンピョン)(ゴロゴロ)周りの音(ざわざわ)(あめがぽつぽつ、ぽたぽた、ざーざー)など。(例)わたしのきもちもわくわくした。・○○が○○になってしんぱいでドキドキした。・わたしも○○のきもちになってしょんぼりした。など

書いた読書感想文を声に出して読んでみる。

書き終わった読書感想文一度声に出して読んでみると。後から足したい言葉や違った表現方法、書きなおしたい言葉などが出てきたりします。

読書感想文まとめ

小学校一年生で作文を書いていくのはなかなか難しいと思いますが、せっかくなので楽しんで本が読めてさらに親子で楽しく会話しながら思ったことが素直に文章に書いていけると嬉しいですし、初めての作文の子もいると思うので文章を完成させて自身がついていけば今後役に立つこともあると思います。