豪快な金具!岩谷堂簞笥(いわやどうたんす)の魅力や歴史など解説

2020年8月23日

岩谷堂簞笥とはいったい・・・?おもしろいのが金具に南部鉄器を使うところ!産地のいいとこ取りしているこの簞笥の魅力とは?

岩谷堂簞笥(いわやどうたんす)とは岩手県(盛岡市、奥州市)で主に生産される伝統的工芸品です。
堅牢な箪笥で、南部鉄器を用いる金具に特徴があります。

岩谷堂箪笥は18世紀に生産が始まり、彫刻などの技術とともに発展してきました。材料には欅や桐などを用います。
また、金具には手打ち彫りのものと南部鉄器を使うものがあり、これに美しい彫刻が施されます。

岩谷堂箪笥の特徴は「手打彫り」の金具

鍵のかかる金具が用いられるのは金庫の役目をするから。重厚で伝統的な和箪笥

叩いて図柄を刻みこんでいく手打彫りの金具が大きな特徴である岩谷堂簞笥。
下絵に書かれる龍や唐獅子、唐草模様などのデザインは長い間大切に受け継がれて現代に伝わっています。

年月をかけて美しい木目と狂いのない桐に

岩谷堂箪笥に使われる材料は、欅、桐、栗、杉などの木材です。切り出した原木を数年寝かせ、製材した欅材を野積みして風雨にさらし(欅のアクを抜け、狂い、割れが減少します)年月を掛けて十分乾燥させてから箪笥へと組み立てます。 内部には桐の無垢材が使われており、美しい木目と狂いのない桐の特性が大切な衣類を永く守っていきます。

漆の産地だからこそ!華麗に装飾した漆塗装技術

岩手県は古くから我が国を代表する漆の産地で、平泉文化を華麗に装飾した漆塗装の技術が岩谷堂にも生きています。外観が美しくなることはもちろん、時を経るにつれて透明感が増し、独特の風合いがかもしだされるのも漆塗りならではの味といえます。

丹念精巧な岩谷堂箪笥の工程

木地づくりは箪笥作りの「生命」ともいわれ、いまだに一人の職人が木取りから一貫した手作り作業で作り上げていきます。 そこへ丁寧に漆が塗り重ねられて、木目の美しさが強調されます。 そして木地の上に金具がはめこまれます。 丹念で精巧に作られた岩谷堂箪笥は、大事に使えば何百年も使い続けることが出来ます。

時代とともにスタイルを洗練させながら、伝統の技を大切に受け継いでいる岩谷堂箪笥。

出典(株式会社 岩谷堂タンス製作所

小物も展開する現在の岩谷堂箪笥

出典(株式会社 岩谷堂タンス製作所

株式会社 岩谷堂タンス製作所さん

岩谷堂箪笥の種類は、三尺、三.五尺の整理箪笥を基本としていますが現在では、洋服・衣裳・整理箪笥の三点セット、茶箪笥、書棚、小箪笥、座卓など多くの箪笥が生産されています。

岩谷堂タンス製作所さんでは、技術をつかったクラフトも販売されています。かわいい・・!こちらがペーパーウエイト。

出典(株式会社 岩谷堂タンス製作所

そして彫金丸皿。

出典(株式会社 岩谷堂タンス製作所

木目の持つ温もりと、豪快な金具が醸し出す日本の伝統美が岩谷堂箪笥の美しさの原点だそうです。こんなにクールで機能美、そして世代を渡って使える簞笥が家にあったらかっこいいだろうなあ。ぜひみなさんも知ってみてください。技術の集まった家具を大切に使っていく生活に興味が出てきませんか?