川連(かわつら)漆器とは?特徴/価格帯/魅力を徹底解説!

2020年8月23日

最近ストレッチポールに乗るのがマイブーム!ライカです。(ただお風呂上がりにころころするだけ。)

みなさん、川連漆器って知っていますか?川連漆器は、「かわつらしっき」と読みますよ。川連漆器にはご縁があり、わたしのお友達のご実家が職人さんみたい。さあ、その特徴、魅力をごらんあれ!

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

川連漆器とは

川連漆器の産地

川連漆器は、秋田県(湯沢市)で主に生産される伝統的工芸品。
非常に丈夫な漆器で、日常の器としても人気で、使い勝手がよいのが特徴です

名称川連漆器(かわつらしっき)
分類漆器
産地秋田県湯沢市川連
製品箸、汁椀、食器、文箱、盆類、など

川連漆器の特徴

川連は「純木」の椀づくりをつらぬく、「純朴」さが特徴

秋田県川連。800年の歴史ある川連の漆器づくり。綿々と受け継いできた技で安心して使える器を。半径2キロのお椀の國で作られる川連漆器(かわつらしっき)にほっこりしてみませんか?

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

「堅地仕上げ」と言われる技法でゆがみにくく丈夫に

川連漆器(かわつらしっき)の下地法は、渋下地の中でも特にその丈夫さから「堅地仕上げ」といわれる技法。柿渋汁にホウやヤナギなどを焼いた炭粉を混ぜたものを塗り、乾いたら研ぎ、続いて生漆を塗る、という「地塗り」を数回繰り返すもの。水を一切使わないため、木地がゆがみにくく、本堅地に並ぶ丈夫な下地になります

なんでも燻す国、お椀も燻す

燻し乾燥させることで、木材の割れの原因となる狂いや歪みが軽減し、防虫効果もあります。そして最終仕上げの上塗りが厚いのが川連漆器の特徴。
漆の動きを自在に操って平滑に光沢よく仕上げます。

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合
出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

川連漆器の製造工程

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

燻煙乾燥

国産の木を素材とした粗挽きの木地に
煙を当て、時間をかけて乾燥させます。

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

花塗り

最終仕上げの上塗りが厚いのが川連漆器の特徴。
漆の動きを自在に操って平滑に光沢よく仕上げます。

出典(秋田県漆器工芸工業共同組合

川連漆器の歴史

稲庭藩主の道則が武具への漆塗りを命じたのが起源

川連漆器は13世紀頃、稲庭藩主の小野寺重道の弟、道則が武具への漆塗りを家臣に命じたのが起源とされています。

丈夫で手頃な漆器として人気に


その後、江戸時代に入ると椀物も生産されはじめ、丈夫で手頃な漆器として人気となりました。

川連漆器は柿渋を用いる渋下地を使用する為、価格を抑えながらも非常に丈夫な漆器として多くの人に愛され人気となりました。りの質も高く、手になじむ形もあいまって、日常使いの器として最適です。

木製お椀の生存では日本一を誇った産地

漆器づくりの歴史を大切に守り続けてきた川連漆器。木製お椀の製造では日本一を誇った産地でありながら、その知名度は高くありません。品質に見合った認知度を得るべく、2017年に産地マークを開発しました。 山間の町を流れる美しい川と得意とするお椀の丸み、日本のものづくりの伝統を守る職人の矜持を表現しました。川連の職人の手で、伝統製法により製造されたことを証明する品質の証です。

川連漆器の価格帯

汁椀で4,000円〜20,000円程度、酒器やカップ、お盆など5,000円程度から100,000円程度までピンきりではありますが、主力商品のお値段は平均1~2万円前後のようです。

しかし、世の中にはまがい物なども出回っているためきちんとした購入先から買うことをオススメします。

産地マーク

漆器づくりの歴史を大切に守り続けてきた川連漆器。木製お椀の製造では日本一を誇った産地でありながら、その知名度は高くありません。品質に見合った認知度を得るべく、2017年に産地マークを開発しました。 山間の町を流れる美しい川と得意とするお椀の丸み、日本のものづくりの伝統を守る職人の矜持を表現しました。川連の職人の手で、伝統製法により製造されたことを証明する品質の証です。

川連漆器の販売先、ウェブショップ

秋田県漆器工業協同組合

川連漆器の産地組合のウェブサイトです。800年受け継いできた産地の歴史とものづくりの特徴をご紹介しています。(http://www.kawatsura.or.jp/

秋田・川連塗 寿次郎

川連漆器製造・販売をされている秋田・川連塗 寿次郎さん( http://jujiro.jp/
自分で掻いた湯沢産の漆をつかうそうです。

漆器の良さを最大限に活かした、暮らしに溶け込む川連漆器。いかがでしたでしょうか?ぜひ見かけたら手にとってみてくださいね。わたしもいつか使ってみたいです。