山形鋳物なんて読む?やまがたいもの!特徴、価格は?徹底まとめ

「温かいお茶が冷めにくい」 「ずっしりとした重厚感がラグジュアリー」 「日本らしいオリエンタルな雰囲気が素敵!」そんな声と共に、昨今海外での人気が高まっている山形鋳物。温かい紅茶を飲みながらまとめてみました!

CONTENTS

山形鋳物(やまがたいもの)とは?

名称山形鋳物(やまがたいもの)
分類金工品
産地山形市
製品茶釜、鉄瓶(てつびん)、青銅花瓶、鉄鍋、置物、銅器

山形鋳物とは山形県山形市周辺で主に生産される鋳物

1974年(昭和49年)、伝統的工芸品に指定されました。

山形鋳物の歴史 | 900年の歴史を持つ山形鋳物

平安時代の中頃に、山形地方で起こった乱を治めるため、源頼義がこの地方を転戦。その際に軍と行動をともにした鋳物職人が、山形市内を流れる川の砂と千歳公園あたりの土質が鋳物に最適であることを発見しました。これらの鋳物職人のうちの何人かがこの地に留まったことが山形鋳物の始まりとなったそうです。

山形鋳物の使い方

有名なのは茶道に使う茶の湯釜であり、日本一の産地

山形鋳物(やまがたいもの)の特徴

山形鋳物特徴① 山形鋳物は機械鋳物と工芸鋳物に大別

山形鋳物は農機具や機械部品、自動車部品などの機械鋳物と、日用品や芸術品・工芸品などの工芸鋳物に大別されます。工芸鋳物は鉄製のものと銅合金(ブロンズ)のものとがあります。海外へも販路を拡大しています。

山形鋳物の特徴② 薄手で繊細な肌合い

伝統に磨かれた独特の鋳型作り、文様押し、肌打ち、漆仕上げ等伝統的技法により、鉄器がもつ重厚な存在感はそのままに、薄物で繊細な肌と形の正確さが生み出されている点にあります。「型挽き」と呼ばれる独特な砂鋳型作り、砂鋳型にヘラを使って紋様を作る「紋様押し」、きめ細かな肌にする「肌打ち」によって、最大の魅力が生みだされています。

山形鋳物の特徴③金具や仏像、日用品から鉄瓶や茶の湯釜なども

古くは、金具や仏像、日用品が作られていましたが、技術が発達するにつれ、鉄瓶や茶の湯釜なども作られるようになりました。現在では、日用品や芸術品、工芸品などの「工芸鋳物」と、農機具や機械部品、自動車部品などの「機械鋳物」の2つの分野があり、海外へも販路を拡大しています。

山形鋳物の特徴④茶の湯釜のシェアは日本トップクラス

特に茶の湯釜のシェアは日本トップクラスで、デザイン・技術において高く評価されています。茶の湯釜や鉄鍋は鉄から作られますが、その他の製品には銅合金(ブロンズ)も使用されており、技術の進化とともに使用できる素材も増えた近年では、アルミの鋳物も見られるようになりました。

山形鋳物の特徴④

修理しながら長く使える、湯を沸かすとまろやかな味になる、手作りの温かさがある。

山形鋳物の特徴⑤山鉄瓶や茶の湯釜などの鋳物に使う和銑は2種類

鉄瓶や茶の湯釜などの鋳物に使う和銑では2種類あり、最高品質は真砂和銑(まさごわずく)、次が赤目和銑(あかめわずく)があります。つまり、砂鉄鉄瓶と言う鉄瓶は砂鉄といっても下品から最高品まであるので、どんな材料を使っているのかわからないのだそうです。

いや待て、和銑ってなに? | 山形鋳物

良質!手間のかかる古来からの技法で出来る和銑(わずく)

「山から切り出した砂から砂鉄を取りだし、製錬するという日本古来の技法を用いて精製した鉄「和銑(わずく)」 と呼ばれる日本古来の技法。しかし一時絶滅し技術が途絶えます。しかし、20年かけて復活現代に蘇ったそうです。胸アツ。

「和銑(わずく)」とは、山から切り出した砂から砂鉄を取りだし、製錬するという日本古来の技法を用いて精製した鉄のことをいいます。桃山時代から明治時代頃までは、鍋、釜、鉄瓶等は、鋳物屋または鍛冶屋が製作していました。 明治時代以後、海外との交流も盛んになります。そして、輸入された鉄鋼石を原料とする「洋銑(ようずく)」が日本にも導入されます。洋銑に比べて手間がかかり、作ることのできる量が限られる和銑は、近代化で必要とされた大量生産に向かず、徐々に消えいったのです。

京都女子大学生活デザイン研究所

鉄鉱石から造られる鉄(洋銑ようずく)でつくられた鉄瓶は錆びて朽ちるのが早く、保っても100年で腐れる。しかし和銑の鉄瓶は、材質が硬く錆びも硬いので毎日使っても100年は使える。昭和初期には難しい製法の和銑鉄瓶の製法は日本で絶滅してしまった。しかし、当家13代、14代、故初代長野姪志(茶の湯釜製造で初代の人間国宝—当家姻戚)らが和銑釜、鉄瓶の復興をはじめ約20有余年をかけて復興したのである。

和銑鉄瓶

ほおお、おもしろいですね!同じ鉄瓶でも、どんなもので作られているか見るのも楽しそうです。

ちなみに山形鋳物と南部鉄器の違いとは?

どちらも鉄瓶であり鋳造製法|山形鋳物と南部鉄器の違い

まず共通点ですが、南部鉄器も山形鋳物も材料は「鉄」であり「鉄器」であることは一緒です。 また特徴的な南部鉄器と山形鋳物の製法である「鋳型に金属を流し込み、冷えて固まった後に型から取り出す」という製法も一緒です。 では南部鉄器と山形鋳物のどこが異なるか?

違いは産地とデザイン|山形鋳物と南部鉄器の違い

それは産地とデザインです。 山形鋳物の産地はその名の通り、山形県山形市で制作されています。南部鉄器の産地は岩手県の盛岡を中心に制作されています。 どちらも歴史は古く職人の技術力の高さは変わりません。

ただ、岩手県にはもともと良質な鉄の産地があるということと、鉄の産地という地の利かその昔南部藩の藩主が南部藩の産業として鋳物を奨励したことで、南部鉄器の方が全国的に見ても知名度が高くなったといわれています。

次に異なるのはデザイン。 南部鉄器は華やかな装飾的で、山形鋳物はシンプルなのが特徴です。山形鋳物は言わば「引き算の美学」でデザインされた鋳物。 南部鉄器がお洒落で可愛い見た目であれば、山形鋳物はシンプルでモダンなデザインが特徴です。 しかしどちらも新たしい見た目のものやカラフルな製品など現代のニーズに答えつつ作られていますし作家さんにより風合いも変わってきますので、好みで選ぶのがよろしいかと思います。

山形鋳物の作り方

1.型挽き

まず、どのようなものを作るのかというイメージを紙に書き起こし、それをもとに、完成品と同じとなるように木材や樹脂、石膏などで「木型」を作ります。鋳物作りの基本ともいうべき部分です。次に「型挽き」という作業を行います。「さね型」と呼ばれる丸い外枠に、木型を用いて上と下2つの型を作ります。木型を回し、砂を固めることで鋳型を作ります。山形でとれる砂や粘土が独特の繊細な質感を生み出します。

2.文様付け、環付け

持ち手部分の環(かん)を通す、「環付け」部分を作って鋳型に埋め込んでゆきます。次に、絵杖(えづえ)と呼ばれるヘラのような道具を使って模様を描いてゆきます。霰(あられ)模様をつけたり、表面に現れるデザインを型につけてゆく作業です。

3.中子づくり・型焼き・型組み

外側の型にあたる鋳型に対し、内側の空間となる部分の型を「中子(なかご)」といいます。鉄瓶など、中が空洞になっているものを作る場合は、砂を使って中子を作り、自然乾燥させたのちに焼き固めます。その後、外側の鋳型と組み合わせてゆきます。鋳型と中子のすきま分が製品の厚みとなります。

4.注湯(ちゅうとう)

金属を流し込む作業に入ります。約1,300℃から1,500℃に熱されて真っ赤に溶けた金属を小型の鍋に移し、そこから鋳型へ一気に流し込みます。金属の温度が下がらないうちに流し入れる必要があり、また、鋳物の出来の良し悪しにかかわる一瞬でもあることから、どんなに技術を積んだ職人であっても緊張する工程です。

5.型抜き・砂落とし・仕上げ

注湯から10分ほどで、カナヅチで鋳型を壊し、中の鋳物をとり出してゆきます。鋳物の温度が冷えすぎると、鋳型からきれいにはずれなくなってしまうため、手際のよい作業ですすめなくてはいけません。その後、十分に冷えてから、製品となる部分のみを残し、それ以外の部分をカタヅチで落としてゆきます。中や表面に残っている砂を十分に落としたあと、数種類のやすりで細かい部分の形を整えてゆきます。

6.着色

仕上げの工程です。特殊な刷毛を使い、火で焼きながら漆(うるし)を塗ります。ムラにならないよう丁寧に何度も重ね塗りをしてゆきます。それによって、表面を保護する効果が生まれます。その後、着色する製品にはオハグロや茶汁を丁寧に塗って着色し、完成となります。
このように、職人によって受け継がれてきた技が、山形鋳物にしか表すことのできない独特の美しさや繊細な質感を生み出しています。

山形鋳物の価格は?

そんな津軽塗ですが、気になるのはそのお値段。

山形鋳物の特徴である鉄瓶は15,000~35,000円前後。その他のフライパンや鍋などは5000円程度のものもあるそうです!

ただし、最近は伝統工芸のよう雰囲気だけだした全く違う製法のものも多く、出所のわからない価格の安すぎるものやオークションで販売されているものなどは伝統工芸品として価値ある正規品かどうかは定かではありません…。きちんとした贈り物、しっかりと産地などが分かる津軽塗の販売先は以下にまとめておくので、参考にしてみてくださいね!

山形鋳物の販売元・オンラインショップ

鋳物師屋 菊池保寿堂

慶長9年(1604)に創業、日本古来よりの鉄材・砂鉄を用いて造られる和銑(わずく)釜の制作技術は、姻戚・長野家(現在2代目長野垤志)と共に技術復興し現在もその技術を頑に守り続けている老舗。伝統と創造の現代ブランド「WAZUQU」も立ち上げ、欧米において高い支持がある。(https://wazuqu.jp/shop

長文堂

先人たちが継いできた技法を用い、“一生もの”の鉄瓶を実直につくり続けます。(https://www.chobundo.jp)

有限会社 清光堂工芸社

用の美に満ちた茶の湯釜と鉄瓶の専門工房(http://www.seiko-do.com/

雅山

1902年から続く 山形鋳物の 小さな工房。時間が経つにつれ 美しさが際立つ 雅山のものづくり。(https://gasen-yamagata.com/)

もちろん他にもまだまだ素敵な工房ございます、ぜひ調べてみてくださいね♪
山形市のサイトが一覧になっていておすすめ。(https://www.yamagatakara.jp/spot/imono/)

山形鋳物で沸かしたお湯はおいしい?

山形鋳物で沸かしたお湯はうまい

鉄瓶で沸かしたお湯はまろやかでおいしい!一度飲むと白湯生活にはまる人も続出するそうです。最初は「そんなに違いなんてないでしょう」と半信半疑でしたが、水道水でもこっくりした味わいに。緑茶や紅茶の味もぐっと変わるので、お茶ライフが益々楽しくなるんだそうです。

山形鋳物で沸かしたお湯には鉄分がでる

鉄製なので、わずかに溶けだした鉄分を摂れることも人気の秘密です。現代人は鉄分が不足しがちと言われており、お湯を沸かすだけで栄養が摂れるなんて一石二鳥。電気で使うポットやケトルに比べれば沸かすのに時間がかかりますが、湯気が加湿器代わりにもなってくれます。空焚きだけは注意してください。
沸かしたお湯でおみそ汁を作るのもおすすめ。あれはどうかな?これも合いそう!と活用法を考えるのも楽しいですよ♪鉄瓶の使い方として、ストーブの上に置いて湯気を楽しむこともよくおすすめされています。

山形鋳物の取り扱い方法

沸かしたお湯を入れておくのは避けましょう。残ったお湯は保温びんなどに移し替えるのがおすすめです。空にしたあとふたを開けて乾燥させておけば充分だそうですよ。ほんの少し空焚きをして内部の水分を飛ばすとより◎火から離れないようにしてくださいね。しまう場合は、新聞紙でくるんで日陰に保存するのが良いようです。
最初に使うときは2~3回すすぎ、一度お湯を沸かして捨てましょう。また、使ううちに赤サビが生じる場合も多いですが、こちらも心配ご無用です。沸かしたお湯が赤くならない限りは問題なし!

伝統と現代感覚の調和、山形鋳物

平安の昔からの歴史、そしてしっかりとした技術力が定評の山形鋳物。現在、モダンでカラフル、デザインを重視する新しい風も吹いているようです。今のライフスタイルに合った鋳物、それは鉄瓶ではなくまさにティーポットと呼ぶにふさわしいものも。古き良き作品も、新しい作品も、どちらもとても魅力であり素敵です。

いかがでしたでしょう?知れば知るほど手に入れたくなる品物です。美しさ、技術。それを愛でながらの食卓なんてとても素敵ですね。良いものを長く使っていくことがこれからの時代に合っていると思います。機会があればぜひ手にしてみてくださいね!